阿部憲一 (Kenichi ABE)

役職:産学官連携研究員 (http://www.nagaokaut.ac.jp/j/annai/gic/gic.html)
E-mail: abecolabo あっと vos.nagaokant.ac.jp (‘あっと’→’@’)
出身:新潟県 (80%), 広島県 (18%), オーストラリア (2%)

学歴:
2003年03月 長岡工業高等専門学校 環境都市工学科 卒業
2005年03月 長岡工業高等専門学校専攻科 環境都市工学専攻 修了
2007年03月 長岡技術科学大学大学院 環境システム工学専攻 修了
2010年03月 長岡技術科学大学大学院 エネルギー・環境工学専攻 単位取得退学
2011年03月 博士 (工学) (長岡技術科学大学)

職 (+α*) 歴:
2007年04月 日本学術振興会特別研究員 (DC1)
2010年04月 広島大学工学研究院研究員
2012年05月 *オーストラリアで人生修行 (=ワーキングホリデー)
2012年07月 *予備自衛官補 (任期付)
2013年10月 *オーストラリアから (ジブンを見つけて) 帰国
2013年12月 長岡技術科学大学にて現職 (2014年4月で退職予定)

趣味:
風呂で読書, バスケ…がしたいです

好きな言葉 (というか心意気):
「やらない後悔より, やる後悔 (Regret doing something more than not doing it.)」

Facebook:
Kenichi Abe (https://www.facebook.com/kenichi.abe.7773)

業績:
論文(英文, 査読付):
Hiroya Kodera, Masashi Hatamoto, Kenichi Abe, Tomonori Kindaichi, Noriatsu Ozaki, and Akiyoshi Ohashi (2013). Phosphate recovery as concentrated solution from treated wastewater by a PAO-enriched biofilm reactor. Water Research. Vol.47, Issue 6, pp. 2025-2032.
Teppei Natori, Yasuyuki Takemura, Hideki Harada, Kenichi Abe, Akiyoshi Ohashi, Masahiro Kimura, Takashi Yamaguchi, Tsutomu Okubo and Sigeki Uemura (2012). The effect of salinity on nitrite accumulation in a down-flow hanging sponge reactor. Journal of Chemical Technology and Biotechnology. Vol.87, pp. 1466-1472.
Shigeki Uemura, Saori Suzuki, Kenichi Abe, Akiyoshi Ohashi, Hideki Harada, Masahiro Ito, Hiroyuki Imachi and Takaaki Tokutomi (2011). Partial Nitrification in an Airlift Activated Sludge Reactor with Experimental and Theoretical Assessments of the pH Gradient inside the Sponge Support Medium. International Journal of Environmental Research. Vol.5, pp. 33-40.
Shigeki Uemura, Saori Suzuki, Kenichi Abe, Keiichi Kubota, Takashi Yamaguchi, Akiyoshi Ohashi, Yasuyuki Takemura and Hideki Harada (2010). Removal of organic substances and oxidation of ammonium nitrogen by a down-flow hanging sponge (DHS) reactor under high salinity conditions. Bioresource Technology. Vol.101, pp5180–5185.
Haruhiko Sumino, Masanobu Takahashi, Takashi Yamaguchi, Kenichi Abe, Nobuo Araki, Shinichi Yamazaki, Satoshi Shimozaki, Akihiro Nagano and Naomichi Nishio (2007). Feasibility study of a pilot-scale sewage treatment system combining an up-flow anaerobic sludge blanket (UASB) and an aerated fixed bed (AFB) reactor at ambient temperature. Bioresource Technology, Vol.98, pp177-182.

論文(和文, 査読付):
鈴木紗織, 阿部憲一, 山口隆司, 大橋晶良, 原田秀樹, 上村繁樹 (2008). 下降流スポンジ懸垂 (DHS)リアクターによる高塩分・アンモニア性窒素含有排水の処理. 土木学会論文集G,64(2), pp.327-335.
阿部憲一, 大橋晶良, 山口隆司, 徳富孝明 (2007). 塩分濃度による亜硝酸型硝化の誘導効果の有無. 第44回環境工学研究フォーラム環境工学研究論文集, Vol. 44, pp. 195-200.
大塚勇輝, 橋本尚人, 荒木信夫, 阿部憲一, 川上周司, 山口隆司, 珠坪一晃 (2007). apsA mRNA を標的としたFISH法による硫酸塩還元菌群の検出. 第44回環境工学研究フォーラム環境工学研究論文集, Vol. 44, pp. 633-639.
上村繁樹, 鈴木紗織, 伊藤昌宏, 徳富孝明, 原田秀樹, 井町寛之, 阿部憲一, 大橋晶良 (2007). スポンジ-エアリフト型リアクターによる部分的亜硝酸化に及ぼす影響因子. 用水と廃水, 49(9), pp. 56-63.
阿部憲一, 大橋晶良, 井町寛之, 原田秀樹, 徳富孝明 (2006). スポンジーエアリフト型リアク ターによる亜硝酸型硝化に及ぼすアンモニア濃度と温度の影響. 第43回環境工学研究 フォーラム環境工学研究論文集, Vol. 43, pp. 343-351.
阿部憲一, 荒木信夫, 井町寛之, 角野晴彦, 山口隆司, 西尾尚道 (2005). 硫黄の酸化還元サイク ルを活性化した下水処理システム内の硫酸還元機能遺伝子の解析と定量. 水環境学会誌, 28(8), pp. 501-507.

国際学会における口頭発表 (連名での演題は省略):
Kenichi Abe, Akiyoshi Ohashi, Takashi Yamaguchi (2008). Effects of increased salinity on nitrite accumulation and microbial community structures in nitrifier-enriched airlift reactors. JST-NSFC Joint Symposium on “Development of High Rate Anaerobic Process for Hydrogen/Methane Recovery from Waste and Wastewater”, Sendai, Japan, pp.149-151
Kenichi Abe, Akiyoshi Ohashi, Takashi Yamaguchi (2008). Effects of Free Ammonia and Salinity on Nitritation in Sponge-Airlift Reactor. International Conference on Civil and Environmental Engineering (ICCEE-2008), Hiroshima, Japan, p. 29.

国際学会におけるポスター発表 (連名での演題は省略):
Kenichi Abe, Akiyoshi Ohashi and Takashi Yamaguchi (2009). Changes in microbial communities under various operating conditions for nitritation control in airlift reactor filled with porous carriers. 5th ASPD specialist conference “Microbial Population Dynamics in Biological Wastewater Treatment”, Aalborg, Denmark, p. 214.
Kenichi Abe, Takashi Yamaguchi, Akiyoshi Ohashi (2009). Phylogenetic study of nitrifying microbial communities at different ammonium and salt concentrations in airlift reactors. International Symposium on “Green Technology for Global Carbon Cycle in Asia”, Nagaoka, Japan, B3.
Kenichi Abe, Akiyoshi Ohashi, Takashi Yamaguchi, and Takaaki Tokutomi (2008). Response of microbial communities to changes in ammonium and salt concentrations in airlift reactors for nitrogen removal. The 8th International Symposium of The 21st Century COE (center of Excellence) on “Global Renaissance by Green Energy Revolution”, Nagaoka, Japan, pp.101.[Best Poster Presentation Medal Award]
Kenichi Abe, Takashi Yamaguchi, and Akiyoshi Ohashi (2007). Analysis of microbial communities in established nitritaion for nitrification control. 23rd Annual Convention of the Japanese Society of Microbial Ecology (JSME 23), Matsuyama, Japan, pp. 120.
Kenichi Abe, Akiyoshi Ohashi, Hiroyuki Imachi, Hideki Harada, and Takaaki Tokutomi (2006). MICROBIAL COMMUNITIES INTHE COMPLETE AND PARTIAL NITRIFICATION PROCESSES. 11th International Synposium on Microbial Ecology (ISME-11), Vienna, Austria, A291.
Kenichi Abe, Nobuo Araki, Haruhiko Sumino, Takashi Yamaguchi, and Shinichi Yamazaki (2004). Diversity of Sulfate-Reducing Bacteria Based on Adenosine-5′-phosphosulfate (APS) Reductase Gene in the UASB Treating Low Sewage. The 1st International Symposium of The 21st Century COE (center of Excellence) on “Global Renaissance by Green Energy Revolution” Nagaoka, Japan, p.131.

国内学会における口頭発表 (連名での演題は省略):
阿部憲一, 金田一智規, 尾崎則篤, 大橋晶良, 山口隆司 (2010). 散水ろ床リアクターでの亜硝酸型硝化における制御因子としての無機炭素の影響. 第44回日本水環境学会年会,
阿部憲一, 山口隆司, 幡本将史, 金田一智規, 尾崎則篤, 大橋晶良 (2009). 窒素除去プロセスに おける亜酸化窒素の発生. 第43回日本水環境学会年会, p.161.
阿部憲一, 水嶋康介, 金田一智規, 尾崎則篤, 大橋晶良 (2008). 微生物による亜酸化窒素 (N2O) 酸化分解能の調査. 第60回土木学会中国支部研究発表会, VII-19.
阿部憲一, 山口隆司, 鈴木紗織, 須藤泰幸, 上村繁樹, 大橋晶良 (2008). コークス炉ガス洗浄廃 水処理DHSリアクター内の微生物群集構造. 第42回日本水環境学会年会, p. 180.
阿部憲一, 大橋晶良, 山口隆司, 徳富孝明 (2008). 塩分濃度による亜硝酸型硝化の誘導効果の 有無. 第44回環境工学研究フォーラム環境工学研究論文集, Vol. 44, pp. 195-200.
阿部憲一, 大橋晶良, 永井寛之, 松永健吾, 井町寛之, 原田秀樹, 徳富孝明 (2007). 新規窒素除 去プロセスでの亜硝酸型硝化を誘導する効果的な因子. 第41回日本水環境学会年会, p. 189.[年会優秀発表賞 (クリタ賞) 受賞]
阿部憲一, 大橋晶良, 井町寛之, 原田秀樹, 徳富孝明 (2006). スポンジーエアリフト型リアクターによる亜硝酸型硝化に及ぼすアンモニア濃度と温度の影響. 第43回環境工学研究 フォーラム環境工学研究論文集, Vol. 43, pp. 343-351.
阿部憲一, 大橋晶良, 井町寛之, 原田秀樹, 徳富孝明 (2006). スポンジ-エアーリフト型リアク ターによる亜硝酸型硝化. 第40回日本水環境学会年会, p.35.
阿部憲一, 大橋晶良, 井町寛之, 原田秀樹, 徳富孝明 (2005). エアーリフト型反応器による硝 化. 第23回土木学会関東支部新潟会研究調査発表会, VII-13.[研究調査発表会優秀講演者表 彰 (土屋雷蔵賞) 受賞]

国内学会におけるポスター発表 (連名での演題は省略) :
阿部憲一, 金田一智規, 尾崎則篤, 大橋晶良 (2012). 流動床型硝化リアクターに存在する未知の亜硝酸酸化細菌 Nitrospira. 第46回日本水環境学会年会,
阿部憲一, 大橋晶良, 金田一智規, 尾崎則篤, 山口隆司 (2008) 新規な亜硝酸酸化細菌の分離培養条件の検討. 第24回日本微生物生態学会, P.99.
阿部憲一, 大橋晶良, 井町寛之, 原田秀樹, 徳富孝明 (2007). アンモニウム濃度と塩分濃度が亜硝酸型硝化に及ぼす影響. 第10回日本水環境学会シンポジウム講演集, pp. 180.

カテゴリー: メンバー パーマリンク