1996年10月15日 第14回 土木学会新潟会発表会開催+環境研究室のOB会

第14回土木学会新潟会発表会開催

 10月14日、長岡市のハイブ長岡でおきまして土木学会関東支部新潟会研究調査発表会が開催されました。 我が研究室からはM1の大関弘和、菊池香枝、多川正、Machdarの4名が研究の成果を発表いたしました。それぞれの発表発表タイトルは

 大関弘和・・・ 16SrRNAハイブリダイゼイション法とDAPIの二重染色による特異的微生物の評価
 菊池香枝・・・ 酸素微小電極の感度に影響を及ぼす因子
 多川 正・・・ 新規高温UASBリアクターによる廃水の超高速処理
 Machdar・・・POST TREATMENT OF EFFLUENT FROM UASB REACTOR BY USING A DOWNFLOW HANGING SPONGE REACTOR.

でした。 初めての学会発表とあって緊張しましたが、来年の水環境学会の練習として非常に有意義な1日でありました。

——————————————————————————–

環境研究室のOB会

 11月16日、東京の玉ひでにおきまして環境研究室のOB会が開催されました。
  懐かしい顔ぶれがそろい、先生方を囲んで近況などを心ゆくまで語り合うことができたようです。
  下にOB会の模様をデジタルカメラで撮影した画像を掲示しております。




カテゴリー: ニュース&日常 パーマリンク