1997年03月04日 1997年度 博士・修士・学士論文発表会

博士、修士、学士論文発表会開催

 2月5日に博士課程修了生 珠坪一晃さん、27~28日にかけまして、修士課程修了生 風間 哲也さん、小山 考さん、星 伸吾さん、3月3日に学部卒業生の角野晴彦さんが研究の集大成を発表いたしました。
  学会発表を何回もこなされているので非常に堂々とした、また、プロジェクターによるわかりやすいプレゼンテーションで好評でした。

 審査の結果、小山 考さんが見事優秀修士論文発表賞を受賞されました。

学位論文タイトル

■珠坪 一晃(博士)
  「高温UASB反応器におけるグラニュール形成機構と保持微生物叢の生態学的構造に関する研究」

■風間 哲也(修士)
  「微小電極による生物膜内の硝化細菌と他栄養細菌の微生物生態学的相互作用の解析」

■小山 考(修士)
  「生物学的高度水処理装置の生物膜付着強度の変遷とその影響因子に関する研究」

■星 伸吾(修士)
  「上昇流嫌気性スラッジブランケット(UASB)リアクターの低濃度廃水処理への適用性拡大に関する研究」

■角野 晴彦(学士)
  「新規スポンジキューブ懸垂型(DHS)リアクターによる上昇流嫌気性スラッジブランケット(UASB)処理水のポリッシュアップに関する研究」

研究の集大成の発表…

カテゴリー: ニュース&日常 パーマリンク