2003年12月10日 第21回 土木学会関東支部新潟会 研究調査発表会

  第21回 土木学会関東支部新潟会 研究調査発表会が朱鷺メッセ(新潟市)で開催されました(2003.12.26)。
  本研究室からは修士1年 8名が参加し、発表を行いました。
  発表が初めての方も、そうでない方もお疲れ様でした。

 発表題目は以下の通りです。

■大久保 努・原田 秀樹・大橋 晶良・井町 寛之
「インドで稼動中のエネルギー最小型下水処理プロセス(UASB+DHS)の実規模実証テスト」

■酒井 早苗・井町 寛之・大橋 晶良・原田 秀樹
「嫌気共生培養系を利用した新規なメタン生成古細菌の分離の試み」

■下保木 伸吾・原田 秀樹・大橋 晶良・井町 寛之
「固形性有機物の嫌気性消化新システム開発」

■遠山 明・Kucivilize Pairaya・原田 秀樹・大橋 晶良・井町 寛之
「嫌気性メタン発酵プロセスの開発」

■幡本 将史・井町 寛之・大橋 晶良・原田 秀樹
「嫌気性高級脂肪酸分解細菌の分離・同定」

■伏木 洋子・大橋 晶良・原田 秀樹・井町 寛之
「ANAMMOXプロセスによるアンモニアの除去」

■吉川 史江・原田 秀樹・大橋 晶良・井町 寛之
「焼酎蒸留粕廃液の性状及び嫌気性分解性の把握」

■吉田 広輝・関口 勇地(産総研)・大橋 晶良・原田 秀樹
 

会場にて

カテゴリー: ニュース&日常 パーマリンク