2004年07月13日 新潟県中部7.13水害

 2004年7月12日夜から13日にかけ、発達した梅雨前線の影響で中・下越地方を中心に局地的に豪雨となり、三条市、中之島町をはじめ長岡市でも大きな被害がありました。我々はボランティアとして長岡市浦瀬地区の災害復興に参加してきました。

 13日の朝、既に道の一部は冠水しており、走る車がゴムボートのように水を跳ねていたのを覚えています。しかしその時はまさかこれほどの大災害になろうとは思いもしませんでした。雨はその後もひたすら降り続き、河川は増水し濁流が押し寄せました。信濃川の支流では数カ所が決壊し中之島や三条などの区域は田畑や家屋が浸水し甚大な被害を受けました。長岡技大や我々の居住区に大きな被害がなかったことは幸運だったとしか言いようがありません。自衛隊が屋根に取り残された人を救出し、首相が被災者の激励に来ている現実が目と鼻の先の隣町で実際に起こっているということに不思議な感覚を覚えました。

 被災者の境遇が他人事とは思えず、我々は総勢9名からなるチームエコラボを結成しボランティアとして長岡市浦瀬地区に向かいました。『大きな被害を受けたのは三条・中之島地区』と個人的に想像していたのですが、それが全く見当はずれの浅はかな思いこみだったことを現場に到着して知りました。現場は壮絶でした。山間部にある浦瀬地区では豪雨で鉄砲水が発生し、川は氾濫して土石流となり民家を押しつぶしていました。土石流は、玄関を突き破り、居間、廊下を突き抜け、キッチンを通り、一階部を突き抜け、まだ勢いは止まらず、下流の家屋を次々とおそった感じでした。我々は一軒の家の後かたづけの手伝いをさせて頂きました。一階部はヘドロで埋まっており、1メートルくらい重機で掘り下げて漸く玄関の基礎が見えました。スコップで泥を掻き出し、その下から畳が現れてそこが和室だったことが分かりました。生活の痕跡を垣間見て、なんとも切ない気持ちになりました。泥を吸収した畳があんなに重いとは知りませんでした。畳一枚を男四人でやっとの思いで運び出すことができました。水を吸っただけならまだしも、泥を被った家財品や畳、そして家はもう元の姿には戻らないかもしれません。それでも気丈に振る舞っておられた被災者の方々の悲愴な姿が印象に残っています。

あれから4ヶ月近く経ちました。しかし現在も復旧はまだ果たされていないと聞きます。被災された方々の一日も早い復旧を祈ります。
(下保木)


浦瀬地区

台所の土砂

カテゴリー: ニュース&日常 パーマリンク