第13回水環境学会シンポジウム

2010年9月8日 第13回日本水環境学会シンポジウムが京都大学で開催されました

本研究室からはM2の上村と浜口が参加しました。
加えて、若手研究紹介(オルガノセッション)に本研究室の研究支援員である高橋優信さんが参加しました。

9月の京都市内は非常に蒸し暑く、じっとしているだけでもどんどん汗が出てきました。
発表セッションが嫌気性処理に関するセッションであったため、
聴衆は嫌気性処理を専門とする研究者の方々が多数いらっしゃいました。
その方々から貴重なアドバイスを頂き、実りのある学会となりました。
特に最後の「総合討論」では、現在の嫌気性処理の動向を知ることができて非常に勉強になりました。

その後の懇親会ではオルガノ賞の発表がありました。
その中で、我らが優信さんが見事「奨励賞」を受賞されました。
おめでとうございます!!
この受賞は私達にとっても刺激になりました。

 

M2 上村基成

カテゴリー: ニュース&日常 タグ: パーマリンク