Anaerobic Digestion Asia 2010

2010年11月11~12日Anaerobic Digestion Asia 2010がタイ・バンコクで開催されました。
東南アジア発のAD (Anaerobic Digestion)があるということで、東南アジアに目が無い宮内&山下が参加してきました。また、国環研からは小野寺さん、東北大からは谷川さんが参加されました。

本学会は、第1回目のアジア版・ADということでしたが、世界各国の企業や大学・研究機関などからの参加者がありました。日本企業の参加もありました。本学会は、ビジネス的な要素が強く、アジアを舞台にした新たなビジネスチャンスの到来にみなさん熱い議論を交わしていました。まさに、アジア時代の到来を実感することができました。
我々2人は、初の大きな国際学会への参加ということでしたが、無事(?)に口頭発表を終えました。さらなる英語力の向上に期待したいところです。

2泊3日の弾丸ツアーであったため、時間が無く、ホテル近くの戦勝記念塔(Victory Monument)を見物しました。この塔は、1940年の日本軍の仏領インドシナ進駐に刺激を受けたタイが、それまで好き勝手に領土を奪われてきたフランスに戦いを挑み、その後の日本の仲裁で見事に領土を回復した紛争の戦勝記念とこの戦いで命を落とした兵士の慰霊のために建てられたそうです。タイの親日感はこれに由来するとも言われており、この紛争以降も日本とタイの友好関係は永く続いています。宮内にとっては初のタイでしたが、タイ人の親しみ易い人柄に好感を持つことができました。

次回AD Asiaは、来年の11月にマレーシア・クアラルンプールで行われる予定です。次は余裕を持って移動したいですね、山下くん!

M1 宮内

カテゴリー: ニュース&日常 パーマリンク