上村という男〜其の壱〜「栃尾の境界で何かを叫ぶ」

「やばい・・・このままでは修了できない・・・」

そろそろ修論執筆の時期だということに気付いた上村。

その焦りと人間関係からのイラ立ちからか,ついに暴走モード突入!!

とりあえず,どこかで点数を稼いでおきたい上村は己のポスターに価値をつけたのだった。

「栃尾すこやか杯佳作受賞!!」

上村,おめでとう!しかし,世間は受け入れてくれないのである。

ささやかながらも社会への反発なのか・・・!?

がんばれ上村!!

(研究室一同,上村君をあいしています。。)

カテゴリー: ニュース&日常 パーマリンク