2017年8月3日 長岡花火2017

8月3日に、本研究室メンバーで長岡花火を鑑賞しました。

長岡花火は元々第二次世界大戦中にあった長岡空襲の犠牲者への慰霊・復興の意味が込められており、日本三大花火の一つだとされています。この期間は長岡市が一年で一番輝く瞬間だと言っても過言ではありません。長岡花火の鑑賞は本研究室の恒例行事となっています。

今年も研究室メンバーのほか、先生方のご家族や普段お世話になっている共同研究先の方などが訪れ、賑やかな花火鑑賞 (宴会) となりました。この宴会では、先生方の普段は見ることができない一面も垣間見え、とても楽しいものとなりました。

筆者は長岡花火を観るのは初めてなのですが、視界いっぱいに広がる花火というものを観たのが生まれて初めてであり、度肝を抜かれました。感動すら覚える光景でした。長岡に来て本当に良かったと思います。
来年は彼女と一緒に観たいなあ

最後になりましたが、深夜から炎天下の昼間まで待機列に並び、鑑賞場所を確保してくれた方々や今回の花火鑑賞にあたってビールサーバーを提供してくれた社会人博士課程の中村さん、今回の花火鑑賞を企画・準備をしてくれたイベント管理係の方々、そして今回の花火鑑賞へご協力いただいた全ての方への感謝の意を表し、結びの言葉といたします。誠にありがとうございました。

IMG_0070 IMG_0064 IMG_0051

宴会の様子

IMG_0232 IMG_0226 IMG_0224 IMG_0217

花火の様子

 

GD1 惣中

カテゴリー: ニュース&日常 パーマリンク