論文1981-1985

1985

原田秀樹、荒木信夫、四蔵茂雄、桃井清至(1985)「多段槽型スラッジベッド反応器による高効率脱窒素プロセスの処理特性」、衛生工学論文集,Vol. 21, pp153-162

<総説・解説・著書>

原田秀樹(1985)「嫌気性スラッジブランケット(UASB) 法による下・廃水処理」下水道協会誌,Vol.22, pp67-77

1983

桃井清至、原田秀樹、行方寛(1983)「流動層型反応器による脱窒素プロセスの処理特性」, 土木学会論文報告集, No.339, pp99-108

1982

原田秀樹、竹内和雄、桃井清至(1982)「流動層型反応器による生物学的脱窒素反応の動力学」、衛生工学論文集,Vol. 18, pp.114-119

1981

Hideki Harada and J. Matsumoto (1981) “Combined Effects of Temperature and Biological Solids Retention Time on Growth Parameters of Activated Sludge”, Water. Sci. & Tech., Vol.13, pp171-176.

Hideki Harada and J. Matsumoto (1981) “Effect of Biological Solids retention Time on Kinetic Behavior of Activated Sludge”, Advances in Biotechnology, Vol.2, pp587-592.

カテゴリー: 研究業績 パーマリンク