論文1991-1995

1995

S. Uemura and H. Harada (1995) “Inorganic composition and microbial characteristics of methanogenic granular sludge grown in a thermophilic upflow anaerobic sludge blanket reactor”, Appl. Microbiol. and Biotechnol., Vol.43, pp358-364.

S. Uemura I-Cheng Tseng and H. Harada (1995) “Effect of Temperature Elavation From 55°C to 65°C on the Performance of a Thermophilic UASB Reactors and Characterization of Methanogenic Granular Suldge”, Environmental Technology, Vol. 16, pp987-994.

山口隆司,原田秀樹,桃井清至(1995)「高級脂肪酸の嫌気的分解過程における硫酸還元菌の生態学的役割」水環境学会誌,Vol.18, pp503-514.

珠坪一晃,原田秀樹,大橋晶良(1995)「高温UASBリアクターによるアルコール蒸留廃水処理特性と保持微生物群の生態学的挙動」環境工学研究論文集,Vol.32, pp.201-212.

<総説・解説・著書 >

上村繁樹、原田秀樹(1995)「上向流嫌気性汚泥床(UASB)法による高温・高濃度排水処理に関する研究現況」用水と廃水,vol.37,pp23-30.

1994

H. Harada, K. Momonoi, S. Yamazaki and S. Takizawa (1994) “Application of Anaerobic-UF Membrane Reactor for Treatment of a Wastewater Containing High Strength Particulate Organics”, Water. Sci. & Tech., Vol. 30, p307-319.

A. Ohashi and H. Harada (1994) “Characterization of Detachment Mode of Biofilm Developed in an Attached-Growth Reactor”, Water. Sci. & Tech., Vol.30, No.11, pp35-45.

H. Harada, S. Uemura and K. Momonoi (1994) “Interaction Between Sulfate reducing Bacteria and Methane-producing Bacteria in UASB Reactors Fed with Low Strength Wastes Containing Different levels of Sulfate”, Water Research, Vol. 28, pp355-367.

N. Araki and H. Harada (1994) “Population Dynamics of Methanogenic Biofilm Consortium During a Start-up Period of Anaerobic FBR”, Water. Sci. & Tech., Vol. 29, pp361-368.

A. Ohashi and H. Harada (1994) “Adhesion Strength of Biofilm Developed in an Attached growth Reactor”, Water. Sci. & Tech., Vol. 29, pp281-288.

珠坪一晃,原田秀樹、曾怡禎、桃井清至(1994)「高温UASBリアクター保持微生物のグラニュール形成過程における構造的特徴とメタン生成活性の推移」、環境工学研究論文集, Vol.31, p57-67

曾怡禎,原田秀樹、陳是宝、桃井清至(1994)「UASB反応における嫌気性細菌群の付着・集塊機構の解明」、環境工学研究論文集, Vol.31, pp69-80

<総説・解説・著書 >

原田秀樹 (1994) 共著「水環境工学」(松本順一郎編)、朝倉書店(分担部分pp.48-66、pp.92-100)

1993

S. Uemura and H. Harada (1993) “Microbial Characteristics of Methanogenic Sludge Consortia Developed in Thermophilic UASB Reactors”, Applied Microbiology and Biotechnology, Vol. 39, pp654-660.

S. Uemura and H. Harada (1993) “The Effect of Temperature on the Performance of Thermophilic UASB Reactors”, Environmental Technology, vol.14, pp897-900.

荒木信夫,原田秀樹,桃井清至(1993)「嫌気性流動床による浮遊性有機固形物の捕捉と分解」水環境学会誌,Vol 16, pp585-592.

荒木信夫,原田秀樹,桃井清至(1993)「嫌気性流動床内の生物膜の物理性状に及ぼす上昇線流速の影響」水環境学会誌,Vol. 16, pp209-218.

荒木信夫,原田秀樹,桃井清至(1993)「嫌気性流動床内における生物膜の物理性状に及ぼす浮遊固形性物の蓄積の影響」環境工学研究論文集,Vol. 30, pp17-25.

大橋晶良,原田秀樹,桃井清至,黒川岳司(1993)「屈曲構造モデルから評価した水処理生物膜内の拡散係数」環境工学研究論文集,Vol. 30, pp197-208

上村繁樹,原田秀樹(1993)「高温UASB(上昇流嫌気性スラッジブランケット)反応器で形成された自己造粒汚泥の構造的および生物学的特性」、環境工学研究論文集,Vol. 30, pp39-49

柳根勇,桃井清至,原田秀樹(1993)「管状限外ろ過膜における生物代謝産物の膜透過流束に及ぼす影響について」、水処理技術,Vol.34, pp13-20

柳根勇,桃井清至,原田秀樹(1993)「管状限外ろ過膜における膜透過流束に影響を及ぼす因子に関する研究」、環境工学研究論文集,Vol. 30, pp303-310

<総説・解説・著書 >

原田秀樹 (1993) 共著「環境微生物工学研究法」(土木学会編),技報堂(分担部分pp.181-184、pp.185-189)

1992

上村繁樹,原田秀樹(1992)「高温UASB リアクターにおける生物間相互作用とグラニュレーションにおよぼす温度の影響」、環境工学研究論文集, Vol. 29, pp201-212

曹怡禎,原田秀樹,桃井清至(1992)「上昇流嫌気性スラッジブランケット(UASB)反応器におけるグラニュール汚泥の細胞外ポリマーとメタン生成速度の挙動」、環境工学研究論文集,Vol. 29, pp213-223

大橋晶良,原田秀樹,桃井清至,岡中正三(1992)「脱窒処理生物膜の構造と付着力の発達」環境工学研究論文集,Vol. 29, pp191-200

荒木信夫,原田秀樹,桃井清至(1992)「嫌気性流動床内生物膜の形成過程における微生物集積効果」、衛生工学論文集,Vol. 28, pp1-9

<総説・解説・著書 >

原田秀樹(1992)「嫌気性汚泥床法(生物処理シリーズ)」造水技術,Vol.18, pp33-41

1991

大橋晶良,原田秀樹,桃井清至(1991)「平板上に形成される脱窒生物膜の生長過程」衛生工学論文集,Vol. 27, pp45-54.

カテゴリー: 研究業績 パーマリンク