論文2001-2005

2005

M. Tandukar, I Machdar, S. Uemura, A Ohashi, and H Harada (2005), “Potential of a Combination of UASB and DHS (Down-flow Hanging Sponge) Reactor as a Novel Sewage Treatment System for Developing Countries”, J. of Environ. Engg., (American Society of Civil Engineers), in press on Feb. 2006 (IF=0.727)

T. Yamada, Y. Sekiguchi, H. Imachi, Y. Kamagata, A. Ohashi, and H. Harada (2005) “Diversity, Localization, and Physiological Properties of Filamentous Microbes Belonging to Chloroflexi Subphylum I in Mesophilic and Thermophilic Methanogenic Sludge Granules”, Appl. and Environ. Microbl., vol.71, No.11, in press (IF=3.82)

H. Yasui, K. Komatsu R. Goel, R. Matsuhashi, A. Ohashi and H. Harada (2005) “Minimization of greenhouse gas emission by application of anaerobic digestion process with biogas utilization”, Water. Sci. & Tech., Vol.52, No.1-2, pp545-552

Y. Higuchi, A. Ohashi, H. Imachi, and H. Harada (2005) “Hydrolytic activity of alpha-amylase in anaerobic digested sludge”, Water. Sci. & Tech., Vol.52, No.1-2, pp259-266 (IF=0.710)

M. Tandukar, S. Uemura, I. Machdar, A. Ohashi, and H. Harada (2005), “A low-cost municipal sewage treatment system with a combination of UASB and the “Fourth Generation” Downflow Hanging Sponge (DHS) reactors”, Water. Sci. & Tech., Vol.52, No.1, pp323-329

S. Uemura, H. Harada, A. Ohashi and S. Torimura (2005), “Treatment of wastewater containing a large amount of suspended solids by a novel multi-staged UASB reactor”, Environmental Technology., Vol.26, pp1355-1362

山内正仁、増田純雄、木原正人、山田真義、木原正人、米山兼二郎、原田秀樹(2005)、焼酎蒸留粕を用いたエコポット量産化装置の開発とそのポットの特性に関する研究、土木学会論文集、 No.804/VII-37, pp89-92

川崎達也、大橋晶良、原田秀樹、珠坪一晃(2005)、EGSBリアクターによる低濃度有機性廃水の高速メタン発酵処理、環境工学論文集、Vol.42, pp39-49

安井英斉、小松和也、松橋隆治、大橋晶良、原田秀樹(2005)、地域特性を考慮した嫌気性消化プロセスと消化ガスの利用に関するLCA、環境工学論文集、Vol.42, pp171-182

遠山明、Wilasinee YOOCHATCHAVAL、井町寛之、大橋晶良、原田秀樹(2005)、マルチフィード方式による新規高温UASBプロセスのアルカリ度削減効果、環境工学論文集、Vol.42, pp407-414

谷川大輔、山口隆司、市坪誠、珠坪一晃、宮晶子、大橋晶良、原田秀樹(2005)、高温メタン発酵槽における溶解性・固形性有機物分解に及ぼす硫酸塩の影響評価、環境工学論文集、Vol.42, pp435-442

山内正仁、今屋竜一、増田純雄、山田真義、木原正人、米山兼二郎、原田秀樹(2005)、甘藷焼酎粕乾燥固形物を利用したきのこ栽培技術の開発に関する研究、環境工学論文集、Vol.42, pp545-553

川上周司、荒木信夫、山口隆司、角野晴彦、高橋優信、山崎慎一、井町寛之、大橋晶良、原田秀樹(2005)、Multiplex real-time PCR法を用いた硫黄酸化細菌と硫酸塩還元細菌の同時定量、環境工学論文集、Vol.42, pp561-569

幡本将史、井町寛之、大橋晶良、原田秀樹(2005)、嫌気性廃水処理プロセスにおいて高級脂肪酸の分解を担う細菌の分離・培養と特異的検出、環境工学論文集、Vol.42, pp609-618

山田剛史、関口勇地、鎌形洋一、白石皓二、Philip Hugenholtz、井町寛之、大橋晶良,原田秀樹(2005)、嫌気性廃水処理グラニュール汚泥のバルキングに関する門レベルで未培養な糸状性細菌群、水環境学会誌、Vol. 28, No.1, pp.37-42

<総説・解説・著書 >

原田秀樹、大橋晶良、小野寺崇、大久保努、桐島佳宏、上村繁樹(2005)「日本とインドの国際協力によるエネルギー最小消費型下水処理技術の開発」、水利科学、No. 285. 1-17

原田秀樹(2005)「途上国に適用可能な下水処理技術の国際共開発-インドでの実規模プラントによる実証試験-」、水環境学会誌、第28巻、第7号、429-433

原田秀樹(2005)「グリーンエネルギー革命による環境再生」in 21世紀COEプログラムに見る今後の環境技術、環境浄化技術、vol4,No.1, 13-17

原田秀樹(2005)「”いま、そこにある危機”途上国の水環境」、リレー連載、みやぎ政策の風、vol. 4, 61-69

2004 

関口勇地,山田剛史、鎌形洋一、白石皓二、大橋晶良,原田秀樹(2004)、「嫌気性排水処理グラニュール汚泥のバルキングを引き起こす糸状性細菌群の解析」,用水と排水, Vol.46, No.12, pp52-59

佐藤伸幸, 原田秀樹(2004)、「インドネシア国ジャカルタ市における水環境問題の現況と課題についての研究」 環境システム研究論文集、vol.32, pp11-19

Qiu, Y.L., Y. Sekiguchi, H. Imachi, Y. Kamagata, I-C. Tseng, S.-S. Cheng, A. Ohashi and H. Harada (2004) “Identification and isolation of anaerobic, syntrophic phthalate isomers-degrading microbes from methanogenic sludges treating wastewater from terephthalate manufacturing”, Appl. Environ. Microbiol., Vol. 70, No.3, pp1617-1626 (IF=3.82)

Azhar ABDUL-RAOF, A. OHASHI and H.HARAD (2004) “High Rate Anaerobic Treatment of Palm Oil Mill Effluent (POME) by Reversible Flow Anaerobic Baffled Reactor (RABR)”, J. Environ. Syst. and Eng., JSCE, No.776/VII, pp115-123

塚本雄介、荒木信夫、長野晃弘、山口隆司、原田秀樹(2004)、「都市下水処理流動床型脱窒素リアクターにおける優占脱窒素細菌の特定と機能遺伝子の定量」水環境学会誌、第27巻、12号、pp791-796

山田真義、大橋晶良、原田秀樹(2004)、「最終沈殿池の代替としてのネット膜分離活性汚泥プロセスの処理特性」、土木学会論文集、No.776/VII-33, pp97-104

小松和也、安井英斉、大橋晶良、原田秀樹(2004)、「オゾン処理を用いた高効率嫌気性消化プロセス」、下水道協会誌、Vol.41, No.505, pp111-118

山田真義、山内正仁、大橋晶良、原田秀樹(2004)、「多段型高温UASBリアクターによる焼酎蒸留粕液画分の高速メタン発酵処理」、環境工学研究論文集、Vol.41, pp31-40

高橋優信、山口隆司、上村繁樹、大橋晶良、原田秀樹(2004)、「発展途上国に適用可能なエネルギー最小消費型の下水処理プロセスの開発?スポンジ担体散水ろ床(DHS-G3)リアクターの処理性能?」、環境工学研究論文集、Vol.41, pp175-186

タンドカール・マダン、大久保努、小野寺崇、上村繁樹、大橋晶良、原田秀樹(2004)、「UASBと第四世代DHSリアクターから構成される新規下水処理システムの開発」、環境工学研究論文集、Vol.41, pp155-164

谷川大輔、山口隆司、市坪誠、荒木信夫、高橋康晴、珠坪一晃、宮晶子、長屋由亀、原田秀樹(2004)、「スターチとプロテェインを炭素源とする高温メタン発酵槽における有機酸分解特性および微生物生態の評価」、環境工学研究論文集、Vol.41, pp87-95

樋口義丈、大橋晶良、井町寛之、原田秀樹(2004)、「嫌気性消化汚泥内の固形性デンプン加水分解細菌のα-アミラーゼ活性」、環境工学研究論文集、Vol.41, pp51-59

安井英斉、小松和也、ラジブ・ゴエル、大橋晶良、原田秀樹、(2004)「オゾン処理を用いた高効率嫌気性消化のプロセスモデル」、環境工学研究論文集、Vol.41, pp19-29

四蔵茂雄、原田秀樹(2004)「代替エネルギー源としてのバイオガスプラントーネパール国の現状と経済評価」、環境科学会誌、vol.17 (5), pp359-369

角野晴彦、山口隆司、長野晃弘、山崎慎一、荒木信夫、原田秀樹(2004)「UASBと好気槽による硫黄サイクル活用型の低温低濃度排水処理」、用水と廃水、vol. 46, No.2, pp72-78

上村繁樹、帆秋利洋、友沢孝、大原孝彦、小嶋令一、国井伸隆、大橋晶良、原田秀樹、石田哲也(2004)「畜産廃棄物系バイオマスプラントにおける指標微生物の動向」、用水と廃水、Vol.46, No.5, pp420-426

<総説・解説・著書 >

井町寛之,関口勇地,大橋晶良,原田秀樹 (2006),共著「第I編 第2章 2 メタン発酵汚泥からの難培養生物の分離」(複合微生物系の産業利用と新産業創出,倉根隆一郎 監修),シーエムシー出版

原田秀樹、大橋晶良、井町寛之 (2004)「超高速メタン発酵バイオリアクターの開発と汚泥菌叢の分子微生物生態解析(総説)」、環境バイオテクノロジー会誌、vol. 4, No.1, 19-27

原田秀樹、上村繁樹 (2004)「有機性廃棄物のメタン発酵処理技術の現状と展望」、財団だより(廃棄物処理財団)、No.58、pp.10-13

井町寛之、大橋晶良、原田秀樹 (2004)「メタン発酵バイオリアクターの開発と共生微生物の分離」、バイオサイエンスとバイオインダストリー、vol.62、No.7、pp431-436

原田秀樹 (2004)「グリーンエネルギー革命における新しい水環境研究」、水環境学会誌、Vol.27, No.4, pp20-21

2003

Y. Sekiguchi, T. Yamada, S Hanada, A. Ohashi, H. Harada and Y. Kamagata (2003) “Anaerolinea thermophila gen. nov., sp. Nov. and Caldilinea aerophila gen. nov., sp. Nov.., novel filamentous thermophiles that represent a previously uncultured lineage of the domain Bacteria at the subphylum level”, Int. J. Syst. Evol. Microbiol., vol. 53, pp1843-1851 (IF=3.187)

Qiu, Y.-L. Y. Sekiguchi, H. Imachi, Y. Kamagata, I-C. Tseng, S.-S. Cheng, A. Ohashi and H. Harada (2003) “Sporotomaculum syntrophicum sp. nov., a novel anaerobic, syntrophic benzoate-degrading bacterium isolated from methanogenic sludge treating wastewater from terephthalate manufacturing”, Archives of Microbiology (Arch. Microbiol), Vol. 179, pp242-249 (IF=1.989)

Ann-Cheng Chen, K. Ueda, Y. Sekiguchi, A. Ohashi and H. Harada (2003) “Molecular detection and direct enumeration of methanogenic Archaea and methanotrophic Bacteria in domestic solid waste landfill soils”, Biotechnology Letters, Vol.25, pp1563-1569 (IF=0.778)

Ann-Cheng Chen, H. Imachi, Y. Sekiguchi, A. Ohashi, and H. Harada (2003). “Archaeal community compositions at different depths (up to 30 m) of a municipal solid waste landfill site in Taiwan as revealed by 16S rDNA cloning analyses”, Biotechnology Letters, Vol.25, pp719-724 (IF=0.778)

Ann-Cheng Chen, A. Ohashi, and H. Harada (2003) “Acetate synthesis from H2/CO2 in simulated and actual landfill samples” Environmental Technology, Vol.24, pp435-444 (IF=0.567)

押木守、荒木信夫、山口隆司、山崎慎一、原田秀樹(2003)「AmoA mRNAの発現量に基づいたin-situにおけるアンモニア酸化活性の評価」、環境工学研究論文集、vol. 40, pp63-70

角野晴彦、山口隆司、谷川大輔、岡崎優子、荒木信夫、山崎慎一、原田秀樹(2003)「前段UASBと後段好気槽を組み合わせたシステムの硫黄酸化還元サイクルを利用した下水処理」、環境工学研究論文集、vol. 40, pp431-440

安井英斉、藤島繁樹、小松和也、五十嵐英明、大橋晶良、原田秀樹(2003)「ガス発生速度計を用いた下水汚泥嫌気性消化成分の動力学的解析」、環境工学研究論文集、vol. 40, pp291-302

久保田健吾、大橋晶良、井町寛之、原田秀樹(2003)「メタン生成古細菌にCARD-FISH法を適用するための細胞壁処理」、環境工学研究論文集、vol. 40, pp363-371

クーシヴィライ・パイラヤ、大橋晶良、原田秀樹(2003)「多段型UASBによる高濃度脂質・固形物含有パームオイル圧搾廃液(POME)の高速処理と保持汚泥の変遷」、環境工学研究論文集、vol. 40, pp441-449

大橋晶良, 福田江津子, 原田秀樹. 2003. 低活性な汚泥における回分試験からの比活性値評価図解法. 水環境学会誌 26: 167-170.

<総説・解説・著書 >

S. K. Kran, S. SHIKURA and H. HARADA (2003) “Living Environment and Health of Urban Poor -A Stydy in Mumbai-“, Economic and Political Weekly, August 23, Vol.XXXVIII, No.34, pp3575-3586

原田秀樹、上村繁樹(2003)「開発途上国の実状に即した下水処理システムの創生」、月刊「水」6月号、Vol.45、pp63-68

原田秀樹、上村繁樹、鈴木薫、スニル・カーン、ラリット・アグラワル(2003)「アフリカ・ニジェールの首都ニアメイの衛生状況と世界初のUASB-DHSバイオタワー下水処理プラントに関する報告」、下水道協会誌Vol.40、No.486、pp140-151

2002

H. Imachi, Y. Sekiguchi, Y. Kamagata, S. Hanada, A. Ohashi & H. Harada (2002) “Pelotomaculum thermopropionicum gen. nov., sp. nov., an anaerobic, thermophilic, syntrophic propionate-oxidizing bacterium” Int. J. Syst. Evol. Microbiol., vol.52, pp1729-1735 (IF=3.187)

S. Uemura, I. Machadar, A. Ohashi and H. Harada (2002) “Removal of Indigenous Coliphages and Fecal Coliforms by a Novel Sewage Treatment System Consisting of UASB and DHS Units”, Water. Sci. & Tech., vol.46, No.11-12, pp303-309 (IF=0.710)

S. K. Karn and H. Harada (2002) “Field Survey on Water Supply, Sanitation and Associated Health Impacts in Urban Poor Communities-A Case of Mumbai City in India”, Water. Sci. & Tech., vol.46, No.11-12, pp673-678 (IF=0.710)

Y. Sekiguchi, K. Kamagata, A. Ohashi and H. Harada (2002) “Molecular and conventional analysis of microbial diversity in thermophilic upflow anaerobic sludge blanket granular sludges”, Water. Sci. & Tech., vol.45, No.10, pp19-25 (IF=0.710)

T. Tagawa, H. Takahashi, Y. Sekiguchi, A. Ohashi, and H. Harada (2002) “Pilot plant study on anaerobic Treatment of a lipid- and protein-rich food industrial wastewater by a thermophilic multi-staged UASB reactor”, Water. Sci. & Tech., vol.45, No.10, pp225-230 (IF=0.710)

クーシヴィライ パイラヤ、多川正、関口勇地、大橋晶良、原田秀樹(2002)「多段型UASB リアクターによる焼酎蒸留粕廃液の超高速メタン発酵処理?スタートアップ期間及び再スタートアップ期間のプロセス挙動?」、環境工学研究論文集、vol. 39, pp77-85

中村明靖、荒木信夫、大橋晶良・原田秀樹(2002)「Real-Time PCR 法とCompetitive PCR 法を用いたNitrosomonas 属の16SrDNA 遺伝子及びamoA 遺伝子の定量」、環境工学研究論文集、vol.39、pp365-373

井町寛之、関口勇地、鎌形洋一、大橋晶良、原田秀樹(2002)「高温嫌気性廃水処理汚泥から分離したプロピオン酸酸化共生細菌の生理学的特徴とグラニュール汚泥内空間分布」、水環境学会誌、vol. 25, No. 9, pp539-546

四蔵茂雄、原田秀樹(2002)「カトマンズの水問題 公平な分配と価格付けの政策課題」土木学会環境システム研究、Vol.30, pp29-36

<総説・解説・著書 >

原田秀樹 (2002) 「都市化による環境劣化」、東京大学出版会 現代南アジア叢書4「開発と環境」(分担部分pp135-148)(長崎暢子・柳澤悠編)
2001

S. K. Karn and H. HARADA (2001) “Surface Water pollution in Three Urban Territories of Nepal, India and Bangladesh”, Environmental Management, vol.27, No.6, pp56-69 (IF=0.877)

Yamaguchi T., Uemura S., I-Cheng Tseng, Ohashi A. and Harada H. (2001) “Microbial-Ecological Significance of Sulfide Precipitation within Anaerobic Granular Sludge Reveled by Micro-electrodes Study”, Water Research, Vol. 35, No. 14, pp3411-3417 (IF=1.812)

Y. Sekiguchi, H. Takahashi, Y. Kamagata, A. Ohashi, and H. Harada (2001) “In situ Detection, Isolation and Physiological Properties of a Thin Filamentous Microoganism Abundant in Methanogenic Granular Sludges: a Novel Isolate affiliated with a Clone Cluster, the Green Non Sulfur Bacteria Subdivision 1”, Appl. Environ. Microbiol. Vol.67, pp5740-5749 (IF=3.82)

Sunil K. Karn, Ohashi A. and HARADA H. (2001), Water Pollution Control Policies and Instruments in Asian Region, Environ. Systems Engg., Vol. 29, pp.57-68

Shutsubo K., Sinthurat N., Ohashi A. & Harada H. (2001) “Population Dynamics of Anaerobic Microbial Consortia in Thermophilic Granular Sludge in Response to Feed Composition Change”, Water. Sci. & Tech., vol.43, No.1, pp59-66 (IF=0.710)

楠田哲也, 市川新, 原田秀樹, 迫田章義, 近藤隆二郎 (2001)「インカ遺跡ピサクにおける給排水システム」 環境工学研究論文集、vol.38, pp265-273

多川正、関口勇地、荒木信夫、大橋晶良、原田秀樹(2001)「UASB廃水処理プロセスでの嫌気性微生物群集の分子生物学的手法による動態解析」、環境工学研究論文集、環境工学研究論文集、vol. 38, pp151-162

四蔵茂雄、原田秀樹(2001)「発展途上国・低所得地区住民の廃棄物に対する認識と処理行動 -インド国ムンバイ市を事例として-」土木学会論文集、 No.692/VII-21, pp. 31-40

<総説・解説・著書 >

Y. Sekiguchi, Y. Kamagata and H. Harada (2001) “Recent Advances in Methane Fermentation Technology”, Current Opinion in Biotechnology, vol. 12, No. 3, pp277-282

カテゴリー: 研究業績 パーマリンク