微生物燃料電池(Microbial Fuel Cells)による廃水処理技術の確立

微生物燃料電池(Microbial Fuel Cells : MFC)は嫌気微生物を触媒の代わりに利用し、有機物分解の過程で発生する電子を取り出して発電を行う燃料電池の一種です。触媒の代わりに微生物を使用するため多様な有機物を含む廃水からも発電が可能であり、次世代の処理技術として注目されています。また、電気として直接エネルギーを利用可能なことに加え、汚泥の増殖率が嫌気性処理と比較しても低く、余剰汚泥の発生量を抑えられる等といった現行処理法に対する利点が報告されています。しかしながら微生物燃料電池の廃水処理への適用には、現行法に匹敵する処理水質、エネルギー回収効率の達成や長期運転による出力特性への低下等といった数多くの課題が残されています。

本研究室では微生物燃料電池の廃水処理への適用の可能性を模索するため、曝気動力が不要な一槽型微生物燃料電池(エアカソード微生物燃料電池)による廃水処理に関する研究を行っています。

窪田 恵一

カテゴリー: 研究紹介 パーマリンク