固形性有機廃棄物の嫌気性処理プロセスの開発

現在、家庭や飲食店などから排出される食品残渣の大半は膨大なエネルギーを投資し、焼却処分されています。我々のグループでは食品残渣の有効利用のため、無加水メタン発酵に関する研究を行っています。

メタン発酵は肥料化、飼料化などの他のリサイクル技術と比較し、品質変動に対応しやすい、食品残渣からバイオガス資源を回収可能、発酵廃液の減容化・液肥化も可能などさまざまな利点を有しています。よって廃棄物の有効なリサイクル技術として食品残渣のメタン発酵は注目されています。

一方、食品残渣は有機物濃度が非常に高いため、食品残渣を対象としたメタン発酵は多くの課題を抱えています。加水することによりこれらの問題は回避可能ですが、バイオガス回収効率や発酵残渣処理のコスト面などから無加水条件を適用することに焦点をおいた研究を我々は行っています。
無加水条件では基質中のタンパク質含有率が高い場合、アミノ酸を経由し、高濃度のアンモニアが発酵汚泥中に生成・蓄積することで、メタン生成古細菌の活性を阻害することが問題となります。
我々はラボスケールのメタン発酵リアクターを用いて、アンモニア除去・メタン発酵を組み合わせた新規発酵システムを開発し、その処理性能を評価し、次世代における実用化を目指しています。

賀澤拓也

カテゴリー: 研究紹介 パーマリンク