廃水処理リアクターを利用した深海底メタン生成菌の培養および分離

深海底環境から莫大な量のメタンが生成されていることが知られています。その生成されるメタンの約半分はメタンの炭素同位対比の解析結果から生物起源であると推定されていますが、深海底環境における生物学的なメタン生成については不明な点が多いです。実際に生物学的にメタンの生成が起きている深海底堆積物やメタンハイドレートを含むコアサンプルを分子遺伝学的な手法で解析しても、今までに知られているメタン生成アーキアに近縁な配列が検出されることは極めて稀です。従って、どの微生物が深海底環境においてメタンの生成に寄与しているのかよく分かっていないのが現状です。その謎を解明するためのアプローチの1つとして深海底堆積物からメタン生成菌を培養し、その生理学的・遺伝学的特徴を捉えることが必要であると考えられます。しかしながら、従来のバッチ式の培養法 (バイアル瓶等を使った閉鎖条件下での培養方法) に依存した方法では安定的に深海底メタン生成菌を増殖させることは非常に困難であることが経験的に知られています。

そこで本研究室では、このような状況を打破すべく新規な培養技術を開発・導入することで、これまで困難とされてきた深海底メタン生成菌の分離・培養を試みています。

青井健

カテゴリー: 研究紹介 パーマリンク