HCR法を用いた新規高感度FISH法の開発

地球上には数多くの微生物が生息し、物質循環に重要な役割を担っている。我々も微生物を用いて水質改善に利用していることからも分かるように我々の生活においても重要な役割を果たしている。微生物の解析には、rRNAを用いた手法が広く用いられている。その中でも、FISH法は培養を介さず、原位置での検出が可能であるため、重要なツールとなっている。しかしながら、FISH法による検出はrRNAの含有量に強く依存するため、微生物活性が低い微生物は検出が困難となる。近年このような問題に対し、高感度FISH法がいくつか報告されている。酵素やポリプローブを利用する高感度FISH法は、これらを細胞内に浸透させるため、細胞壁処理が必要となる。しかしながら、すべての微生物に効果を示す細胞壁処理は報告されておらず、標的微生物により細胞壁処理を検討しているのが現状である。そこで、我々は、酵素を必要とせず標的遺伝子を基に伸長を示すHCR法に着目し、酵素を必要としない新規の高感度FISH法の開発を行っている。

カテゴリー: 研究紹介 パーマリンク