環境中の微生物相構成の解析および手法の確立

「環境中の微生物相構成の解析および手法の確立」グループ

 産業廃水や都市下水の生物処理の更なる効率化には、それに関与している微生物叢を理解することも重要である。従来の微生物解析においては、純粋培養法が主流であった。しかし、難培養微生物および複数の微生物による共生系を構築する微生物の存在が明らかになり、解析手法としての限界が指摘されている。この問題に対し本研究室では、近年発達のめざましい分子生物学的手法に着目し、rRNAアプローチに代表される様々な手法を用いて排水処理リアクター内における微生物叢の解明を行っている。また、既存の解析手法では明らかにできない、微生物のさらに詳細な情報を得るための新規な解析手法の開発も行っている。

研究テーマ
・嫌気的メタン酸化脱窒微生物の集積および分離培養の試み
・HCR法を用いた新規高感度FISH法の開発